飲食店・小売店・サロンの専用のメール配信システム。
小さなお店にちょうどいい、低価格高機能なファンづくりのしくみ、揃ってます!
大阪市中央区南船場1丁目26-23
パレロワイヤル順慶町303
  1. なぜ携帯販促・メール配信なのかが解るコラム
 

なぜ携帯販促・メール配信なのかが解るコラム

こちらのコラムでは、

携帯販促やメール配信システムの機能の側面ではなく

携帯販促やメール配信の理屈の面を掘り下げて考え、解説していきたいと思っています。

 

お店の販促に小難しい理論なんか必要ない!実践あるのみ!

という声が聞こえてきそうです。

確かにそのとおり。

 

しかし、同じ実践するのでも

その販促手法やしくみを深く理解し実践するのと、何も考えずに実践するのとでは

応用力で差がでてきます。

 

携帯販促・メール配信は非常にシンプルなツール。

だから長い間続けていき、お客様とのつながりを作るには

どうしてもお店ならではの応用力が必要になるのです。

 

少々まわりくどいかもしれませんが

お店とお客様とをつなぐ販促手法としての携帯販促・メール配信をここでボチボチ解説してまいります!

前回は、携帯販促・メール販促マーケティングの特性の一つ、ダイレクト性について説明しました。

今回は、2つ目の特性である、タイムリー性について考えてみたいと思います。

 

お店は「待ち」のビジネスです。

こっちからお客様の方に歩いていくことができません。

お客様に来ていただくしかないのです。だから、打ち手が限られます。

 

 

月末近くなって目標予算に届きそうにない!
あと少しだが、どうしようもない…お店を経営しているとこんな状況によく陥ります。

くわしく!

携帯販促・メール配信の特徴の一つ
ダイレクト性。

 

携帯販促はダイレクト!

 

「携帯電話」というくらいですからいつでも携帯しているわけです。

アタリマエのこと言うな!と怒られそうですが

 

携帯メールを利用した販促の出現は

広告史上ありえなかった大事件なのですよ。■

 

くわしく!

よく経営の3つの資源の話がでますね。

 3つの資源とは、

  • 「ヒト」
  • 「カネ」
  • 「モノ」

です。近年これに「情報」ひとつ加えて「経営の4つの資源」
なんて言ったりします。

 

携帯販促のしくみそのものは「情報」資源なのですが、

その特性により「ヒト」という資源を強化できる!
というお話です。

くわしく!